《10年目の授業&ラインダンス》

 

友人の団結力 ★★★★★
会場の盛り上がり ★★★★☆
新郎新婦ウケ ★★★★★
親族ウケ ★★★★☆
難易度 ★★★★☆

 

余興の形式・ムービー

 

オススメする人数・女性7人-15人程度
準備に要する期間・約2ヶ月-3ヶ月(各自自宅でのダンス練習、合同ダンス練習2日、撮影1日、編集2日)
用意するもの・学生時代の制服、小道具に使う本
使用する曲・『Rock Around The Clock/ロックアラウンドザクロック』ビル・ヘイリー&コメッツ(歌手名)

 

【概要】

 

新婦の恩師からのメッセージと余興メンバーによるラインダンスのムービー。

 

【詳細】

 

撮影場所は新婦と余興メンバーが通った学校。メンバーが教室でお喋りをしていると、扉が開いて新婦とメンバーの恩師が入ってくる。そこで恩師から『卒業◯◯年目の授業』として、新婦へのメッセージと人生や夫婦生活への助言を5分ほどスピーチしてもらう。恩師の「これで私からの授業を終わりです」の挨拶に続いてチャイムの音がなる。チャイムがなり終わると場面が変わり、体育館など余興メンバーが一列に並べる場所になる。そこでチャイムの音から始まる曲『Rock Around The Clock』のラインダンスを踊る。

 

【コメント】

 

余興メンバーが中学校や高校の同級生で、恩師に協力を頼める場合にオススメです。ラインダンスにオススメする曲『Rock Around The Clock』には小道具として本が出てくるので、本を開いたところに、それぞれ『H』や『A』などの『HAPPY』や『WEDDING』などの頭文字を貼っておき、メッセージを送るという演出もオススメです。学校での撮影は許可が必要な上に、恐らく使用できる時間が限られていいます。ラインダンスはYouTubeなどの動画サイトで確認できるので本番までにしっかり練習しておきましょう。衣装は新婦と余興メンバーが通った学校の制服や体操服、ジャージが用意できるとその懐かしさに新婦もより喜んでくれるでしょう。