《コップを使ったダンス「カップス」》

コップを使ったダンス「カップス」

 

友人の団結力 ★★★★★
会場の盛り上がり ★★★★☆
新郎新婦ウケ ★★★★☆
親族ウケ ★★★☆☆
難易度 ★★★☆☆

 

余興の形式・ムービー

 

オススメする人数・男女問わず5人-10人程度
準備に要する期間・約1ヶ月-2ヶ月(各自自宅でのダンス練習、合同ダンス練習1日、撮影1日、編集1日)
用意するもの・調理器具、パンケーキの材料、パンケーキを飾り付けるクリームやチョコペン
使用する曲・新婦(新郎友人の場合は新郎)の好きな曲や思い出の曲 。例『問題ガール』きゃりーぱみゅぱみゅ(歌手名)

 

【概要】

 

余興メンバーがキッチンでカップスをしながら、メッセージを書いたパンケーキを作るムービー。

 

【詳細】

 

余興はすべて動画で撮影されたムービー。1人がキッチン(もしくは撮影がしやすいようにダイニングなど)で曲に合わせて、カップスを始める。プラスチックのコップのみではなく、計量カップなどの調理器具も使用する。その部屋に余興メンバーが一人ずつ順番に入ってきて、横一列に並びながらカップスに加わっていく。(スペースが広くない場合は一列ではなく円でもいいが、その場合ビデオカメラを固定するのではなく、メンバーの顔が順番に映るように撮影の仕方を工夫する。)そして、曲の終わりに合わせてパンケーキを作り、そこにクリームやチョコペンで『Happy Wedding』などのメッセージを書く。(実際には予めパンケーキは用意しておき、撮影中は飾り付け程度にする。)パンケーキのメッセージを最後に映して終わり。

 

【コメント】

 

カップスは、プラスチックのコップを机に叩きつけたり、手でコップや机を叩いたり、拍手をする『クラップ』によるダンスです。多くの人数でやればやるほど、エンターテイメント性が増します。
カップスはもともと、アメリカの歌手Anna Kendrick(アナ・ケンドリック)がPVで披露したことで有名になりました。日本ではドラマ『問題のあるレストラン』のエンディングで使用されたことから注目する人が増えました。ムービーを作成するのではなく『会場で歌いながら行う』というのもオススメです。カップスはほとんどどんな曲でも可能ですが、YouTubeなどでは多くのカップスが披露されているので、すでに上がっているものなら真似しやすいと思います。